キリキリマイマイズ

あなたの街のロッケンおにいさんたち。 愛すべき「キリキリマイマイズ」のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
僕とロック4
キリキリマイマイズ ダイサク

ライブについて。
生まれて初めて行ったライブコンサートは中学生の頃だったか。
SPEEDの仙台公演でした。
行ったといっても親戚の兄さんに無理やり連れて行かれたってのがほんとで。
個人的には興味のカケラも無く。
したがって面白くも何ともなかったのでした。

2回目は大学生の頃、当時HIPHOPにハマっていたので、S?WORDというラッパーが秋田に来たときに見に行きました。
会場9時で、本人のライブは11時開始。
というかそんなんならちゃんと本人が出る時間を明記しなさい。と密かに思う。

3回目は同じく学生の頃、これまたHIPHOPイベントに単身乗り込む。
が、またしてもお目当てのライブ開始までに2?3時間待たされる。
クラブイベントは会場から2?3時間後が本番、ということを知る。

CDと同じ声、同じ音楽が目の前で!
って状況なのに、なぜか熱狂できない自分が不思議。
でもなんか物足りない、満たされない感があったのです。
上記のライブ、3回とも音源を再生して歌を乗せるライブだったわけで。

時を同じくして大学の学祭やら何やらでロックバンドサークルの演奏を見る機会が度々あった。
聞けたもんじゃない演奏や、ミスった演奏、もちろんバッチリ決まったライブも色々あったが、それまでに見てきた“プロのライブ”よりもよっぽど熱狂できた。

プロのカラオケライブよりもアマチュアの生演奏のほうが、僕は熱狂できるようです。
生演奏から生み出される生音は最高ってことです。

写真は説明の必要も無くアメリカンプロレスWWEのスーパースターTHE ROCK様。
彼の天性のエンターティナー性はプロレスという枠を超え、ハリウッド映画への出演も多数。
有名なところで「ハムナプトラ」シリーズへの出演は最早常識であろう。
また、スピンドル作品として彼が主演をこなす「スコーピオン・キング」も観ておこう。
20071120daisaku
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。