キリキリマイマイズ

あなたの街のロッケンおにいさんたち。 愛すべき「キリキリマイマイズ」のブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
僕とロック5
僕とロック5
キリキリマイマイズ ダイサク

 ながーいイメージトレーニング期間(約3年)を経て、やっと生のドラムに触れる機会が訪れた。
 それは大学2年生の頃、親しくしていた友人の中の数名が、バンドを結成した。
 部室を貰い、最低限の機材をしつけ、最大限の爆音で酔いしれる彼ら。
 知る人ぞ知る「ザ・ピクルス」である。

 そんなザ・ピクルスの練習に時間の許す限り“見物人”として参加していたのが僕。

 実はひっそりと「ドラムを叩かしてくれ」オーラを出しながら。
 お陰でたまにドラムを叩かせてもらった。

 今思い返すと、相当ウザイと思われていたのではないだろうか?まあ、過ぎたことだし、気にしない♪

 ちなみにザ・ピクルスのメンバーといえば
 Gt.&Vo.キッカワ
 Gt.テルキ
 Ba.コーチャン
 Dr.ユースケ

 そして我々キリキリマイマイズのメンバーといえば
 Gt.&Vo.キッカワ
 Gt.テルキ
 Ba.コーチャン
 Dr.ダイサク

 おかげさまで今現在、楽しく音頭取りをさせてもらってます。
 (参考はこちら → http://www.geocities.jp/daisakuringo/zentairenshuu.htm)

 写真はもはや説明するもおこがましい米プロレスWWEのスーパースター「ザ・ロック」様
 説明の余地も無く、ゲームにもなっているのである。
 
 今現在はハリウッド俳優としてスクリーンを主戦場としているため、彼の雄姿をリング上で見られる機会は貴重なものとなった。
 20世紀を代表する偉大なレスラーの5本指には入るであろう、彼のパフォーマンスはぜひ一度見てもらいたい。
therock4
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。